社労士 就職

③記憶力アップ術

社会保険労務士試験に合格するためには、法律や条文など覚えることが多数あります。天才であれば、テキスト1冊を簡単に暗記できるかもしれませんが、一般人はそうはできません。
「記憶力が悪い」「暗記が苦手」という人のために、ここでは記憶力アップ術を紹介したいと思います。

①急がず焦らず
はじめから無理に頭に詰め込んで、何がなんでも覚えてやろうという人がいますが、これは逆効果。社会保険労務士に合格するには何カ月、または何年と長い期間の勉強が必要です。はじめから必死になり過ぎると持続できません。

数日ですべてを暗記することは当然無理なので、時間をかけて何度も復習することが大切なのです。「忘れたらまた覚えればいい」と気軽に構えてくださいね。

②スキマ時間を有効活用
通勤時間や昼食を食べながら、人と待ち合わせの前のちょっとした時間など…。1日の中でスキマ時間は意外とあるものです。このようなスキマ時間は数分や数十分のため、問題演習には適していません。ですので、このようなスキマ時間はパパっと暗記をするのに向いています。

毎朝、「今日はここからここまでを覚えよう」と目標を定め、朝から晩までのスキマ時間を使って暗記をしてみてください。きっと効率良く覚えられるはずですよ。

③復習のタイミング
人間は覚えることよりも忘れることを得意としています。これは脳科学からみても証明されているので、覆すことはできません。
では、どうしたらずっと覚えていられるのでしょうか…。

これは、繰り返し復習をするしかありません。「何だ…。復習か…」と思った人もいるかもしれませんが、結局なんだかんだいっても復習が一番なのです。

しかし、ただ単に復習すればよいというわけではありません。より効果的に覚えるためにはタイミングが重要なのです。
<復習のタイミング>
●勉強したその日の夜に1回目
●勉強した翌日に2回目
●その1週間後に3回目
●勉強した日から3週間後に4回目
●勉強した日から7週間後に5回目

物は試しに、一度やってみてください。きっと効果は得られるはずです。

>>社労士に一発合格するための勉強法No.1<<