社労士 就職

①独学は×。社会人や主婦には通信講座が◎

社会保険労務士の試験勉強をはじめる前に、どのような学習法で勉強するかを選びましょう。資格を取得するための学習法は、
「独学」「通学講座」「通信講座」の3つがあります。まずは、それぞれの特徴をみてみましょう。

①独学
独学とは、書店等でテキストや問題集を購入し、自分で学習計画を立てて、勉強するスタイルです。費用が安くすむので、気軽に始められますが、その分デメリットはたくさんあります。
まず、どのようなテキストを選んだらよいかで悩みますし、効果的な勉強法もわかりません。学習計画も自分で立てなければいけないために、多くの受験生が挫折してしまうのです。

また、社会保険労務士試験では、法律の改正点がよく出題されます。書店等で販売しているテキストは、その年の改正点が盛り込まれていないケースがあるため、改正を知らずに暗記してしまうと取れる問題も落としてしまいます。

さらには、テキストのみでの学習は理解するのに時間がかかるため、通信講座等よりもはるかに合格までの道のりは険しく、倍以上に時間がかかってしまいます。難易度が低い資格であれば、独学でも取得できると思います。しかし、社会保険労務士は、超難関資格のために、まず独学で合格することはほぼ不可能といえるでしょう。

②通学講座
費用は約20万と高額ですが、その分独学や通信講座よりも合格率は高いです。試験問題を分析しているプロの講師が丁寧に教えてくれるので、より効率のよい勉強法や試験情報を入手することができます。疑問点もその場で質問できるも魅力ですね。また、常に仲間がいるため、モチベーションを維持しながら勉強ができます。

しかし、通学講座の場合、学校は地方都市にしかありませんし、開校時期も決まっているため、すぐに試験勉強に取り掛かることはできません。さらには、毎週決まった曜日や時間帯に学校に通わなくてはいけないため、仕事で忙しい社会人や子育てや家事に追われる主婦は、まず通い続けることは厳しいでしょう。自分ひとりでは、どうしても勉強できないという人は、通学講座が向いているかもしれませんが…。

③通信講座
いまのトレンドはこの通信講座です。通信講座とは、はじめにテキストや問題集、講義DVDやCDなどが送付され(何回かに分けて送ってくる会社もあります)、カリキュラムに従って勉強するスタイルです。受講料は3万円台~20万くらいと幅広く、基本的には通信講座専門の会社だと安く、通学講座をメインとしている会社は高いですね。

教材に関しては、プロが作ったものなので自分で選ぶ必要はありませんし、最近では講義DVDが付いているコースもあるので、通学講座さながらの講義を自宅で受けることができます
また、学校に通う必要もないので、社会人や主婦でも自分のペースで学習できるのが最大のメリットですね。

私自身も仕事をしながら通信講座で資格を取得したので、ぜひみなさんにも通信講座をおすすめします。

>>社労士に一発合格するための勉強法No.1<<