社労士 就職

①業務内容

最近では、テレビのコメンテーターなどで社会保険労務士が活躍していることもあって、世間的にも社会保険労務士という資格の認知度は高まってきました。士業関係の資格は人気があるジャンルですが、なかでも社会保険労務士は、受験生の増加率を見ても注目度が高いといえます。
資格の名前は知っているけれど、詳しくはわからない…、という人のために、
ここでは、社会保険労務士の業務内容について、おさらいしておきましょう。

社会保険労務士とは「保険・年金・人事労務のスペシャリスト」です。
取り扱う業務は、大きくわけて1号から3号まであります。1号と2号に関しては、社会保険労務士の独占業務にあたり、社会保険労務士でない人が報酬目的のために行うことは禁止されています。

<1号業務>
書類作成業務
●行政機関に提出する社会保険や労働保険等の書類作成。
●企業の就業規則や労働名簿、賃金台帳などの書類作成など。

<2号業務>
代理・代行業務
●社会保険・労働保険の加入や脱退の手続き
●保険給付の請求手続きや助成金の手続きなど。

<3号業務>
相談・指導業務
●人事や労務に関する相談や指導などの労働コンサルティング業務。
●年金相談など。

その他、賃金の不払いや従業員の不当解雇などのトラブルが生じた場合に、特定社会保険労務士が間に入って、トラブルを解決する「司法的業務」も行います。

このように、社会保険労務士は保険や年金のみならず、幅広い業務を行うことができます。なかでも3号業務の労働コンサルティングが社会保険労務士の能力が一番発揮できるジャンルであり、今後ますます需要は高まっていくでしょう。

>>社労士に一発合格するための勉強法No.1<<