社労士 就職

⑤成功するための心構え

社会保険労務士として成功をするには、自分のスキルを高めることはもちろん、適切な考え方を持つことも大切です。そこで、私が思う「成功するための心構え」を紹介しましょう。

①目標を定める
何事においても目標を明確に定めることは必要不可欠です。もちろん仕事においてもそう。モチベーションを維持するためにも目標を設定することは成功への第一歩です。ちなみに目標は、小さくても大きくてもよく、自分で自由に設定してかまいません。ただし、大きな目標を設定したら、その目標を達成するために、いま自分は何をやるべきなのかを具体的にしておくことが大切です。

②資格に依存しない
「社会保険労務士の資格があるから大丈夫」「資格があればどうにかなる」という考えは大きな間違いです。資格を取得したということは、あくまでもスタートラインに立ったということ。資格は持っているだけでは何の役には立ちませんし、どう活かすかということが大切です。
本気で成功したいのであれば、資格があればどうにかなるという甘い考えは捨てましょう。社会保険労務士という仕事で成功できるかどうかは、自分の努力次第といってもいいでしょう。

③営業と経営のスキルを身に付ける
勤務社労士であれば、企業に属しているため、ある程度は企業が守ってくれるかもしれませんが、開業社労士の場合は、すべて自分で行わなければなりません。顧客を獲得するための営業やマーケティングのスキル、社長として会社を経営していくスキルを身に付ける必要があります。これらは開業前に学んでおいた方がよいでしょう。

④人脈を作る
顧客からの紹介で仕事が来たら、ある程度仕事が軌道に乗ったと思ってもよいでしょう。人づてでお客さんを紹介してもらえるということは、仕事ができるという前に、社会保険労務士として信頼されていなければ不可能です。開業して成功している人たちは、きちんと人脈を持っています。まずは、地道にコツコツと人脈を作る努力をしていきましょう。

>>社労士に一発合格するための勉強法No.1<<